« 2020年12月 | トップページ

2021年2月

2021年2月25日 (木)

健康第一

 

 

 つい最近のことです。椅子に座っていたら、腰に激痛が走りました。何かが神経に触れたような強烈な痛みでした。その翌日、父に運転してもらい、車で病院に行くと、医師に1週間は湿布を貼って動かないでくださいと言われました。どうやら筋肉を傷めたようでした。

 健康や健康を保つための休息は大切です。これは当たり前のことです。一方で、「あなたは健康に注意して生活し、意識的に休息を取っていますか」と聞かれると、黙り込んでしまう方が多いのではないでしょうか。私は黙り込みます。

 私は、人に「なぜ疲れているのに休まないのか」と聞かれたら、「仕事があるから」「あの人の方が頑張っているから」「まだ若い(と思う)から」休まないと答えると思います。

 しかし、体力、健康状態、疲れの感じ方は人それぞれです。人ではなく、自分の体調と相談し、休息をとることが大切です。私も頭ではわかっているのです。

 それでも、忙しいとなかなか休めません。どうすればいいのでしょうか。私は休めるときにしっかり休むしかないと思っています。忙しい時期が続いたら、そのあと少しゆっくりする時期を設けましょう。

 多少の無理なら誰でもできますが、無理を重ねるとどこかで必ず限界が来ます。その段階では健康にも大きな影響が出ているでしょう。健康第一です。適度に休みましょう。腰痛で1週間外出できなかった私は強くそう思います。

 皆様も健康第一で、適度に休息をとってください。

(弁護士 小林 竜也)

 

 

 

2021年2月17日 (水)

74期修習予定者の皆さん

桜丘法律事務所では毎年2~3回事務所説明会を行っておりましたが、今年は新型コロナウィルス感染予防のため、一堂に会しての事務所説明会は行いません。事務所の概要等についてお知りになりたい方は直接事務所宛にお問い合わせください。連絡の方法は、電話でも可能ですが、当事務所の無料法律相談フォームからメールを下さるのがより確実です。

採用に関する基本情報は下記の通りです。

1 1年から2年間の養成の後、ひまわり公設事務所弁護士あるいは法テラスのスタッフ弁護士として、司法アクセス困難な箇所に3年の任期で赴任 して頂きます。任期後の進路は自由です。もちろん事務所に復帰するのは大歓迎です。諸先輩は、事務所に戻って後進の指導に当たっている者、事務所復帰後数年を経て独立した者、任地で独立した者、法テラスで再任を繰り返している者など様々です。

2 給料制ではなく、各自に事件を割り振り(先輩との共同受任が原則)、売上の中から経費を納めて頂きます。但し入所後1年間は、毎月の売上から納める経費を差し引いた額が45万円に満たないときは差額を補填します。自営の扱いですので社会保険はありません。健康保険、交通費及び弁護士会費も自己負担となります。

3 事件に支障がなければ出退勤時間、休暇等も自由です。自身で管理して頂くことになりますが、これまで不都合はありませんでした。

4 事件は刑事事件に限らず種々の事件を扱います。

5 新人の育成は基本的にはOJTによりますが、神山啓史弁護士による神山ゼミ、民事ゼミ、判例ゼミをそれぞれ月に1度行います。

6 必ず地方に赴任して頂くこと、任地は自由に選べないことなどから(希望はお聞きしますが、所長が決定します。修習地の決定みたいな感じだと思ってください)、応募できる方には一定の条件があるかもしれません。

7 74期からは1名の採用を予定しています。

 

2021年2月16日 (火)

企業のクレーム対応(1)

 昔、欠陥自動車の裁判を何件も手掛けた。運輸省(当時)のメーカーに対するチェックが今ほど厳しくなかったこともあり、自動車の欠陥が原因で起きた事故でも、ユーザーの過失とされることが少なくなかった。

 しかし欠陥がある場合、大事故に至らぬまでも小さな事故や不具合はしばしば生じるものである。車の不具合を感じたユーザーは当然ディーラーに不調を告げる。そしてディーラーはその情報をメーカーに上げる。

 ここで大切なのは、そうした顧客からの苦情やクレームにどう対処するか、である。

実際、苦情やクレームは玉石混交だ。極端な話、難癖や、時には強請かと思われるようなクレームもある。正当なクレームであっても極めて不快な伝え方をしてくる顧客もいる。そうしたクレームばかりを目にしていると、何とか黙らせたいという方向にばかり目が向いてしまうこともあるだろう。しかしそれでは大事なところを誤ってしまうことになる。

 

かつて、あるメーカーの高級乗用車が走行中に走行不能になってしまうという欠陥の相談を受けたことがあった。ディーラーに見せても異常はないとされ、オーナーはクレーマー扱いされた。オーナーはやむなくディーラーを相手に訴訟を提起した。当該車両に対する構造や設計などの情報量は圧倒的にディーラーが勝る。ディーラーは当該メーカーの工場の品質管理がいかに優れているかを滔々と述べ立て、欠陥はないと断言した。原告の立証は困難を極めた。

そこで、代理人だった私は賭けに出た。欠陥現象は一定の条件下で生じていた。ならばその条件を整えて欠陥現象を再現し、それを検証の手続によって裁判官に見てもらおうと考えたのだ。

検証は、ある夏の暑い日に実施された。運転は私が行い、助手席に原告、後部座席には裁判官と被告代理人に同乗してもらった。そして裁判所の周辺道路を1周することにした。

結果は、半周したあたりで欠陥現象が生じた。エアコンの吹き出し口から水が噴き出し、エンジンが停止したのだ。惰性で動く車を道路端に寄せ、検証を終えた。

この事件の判決は、水戸地方裁判所日立支部で平成9年1月27日に言い渡された。判例データベースには、「自動車の瑕疵が認められ、売買契約の解除が肯定された事例」として紹介されている。

 

クレームに対して真摯に向き合うことの重要性を痛感させる判決だったと思う。因みにこのメーカーは、当時、消費者の声に耳を傾ける姿勢が他のメーカーに比べて著しく欠けていた。その後経営不振に陥り、外国の自動車メーカーの社長をトップに迎えざるを得なくなったのは、そうした姿勢で客にそっぽを向かれたからだと思っている。(櫻井)

« 2020年12月 | トップページ

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ