« 性風俗の利用をめぐるトラブル(前編) | トップページ | 4月,5月,6月の神山ゼミ »

2016年3月19日 (土)

性風俗の利用をめぐるトラブル(後編)

 一つ前の記事の続きです。

 性風俗の利用をめぐるトラブルの二つ目の類型について紹介します。

2.違法な業者に引っかかるパターン

見聞きする例としては、非店舗型の性風俗の形をとるようなものが多いように思われます。一例をあげると、路上で適当な男性に声をかけ、「2万円ポッキリ」などと声をかけて怪しげなホテルの一室に誘導します。部屋で待っていると、外国人らしき女性が訪ねてきます。事が終わると外国人女性は「ジュウマンエン」などと高額の金銭を支払うようまくしたてます。背後に外国人犯罪組織があるのではないかと怖がってお金を払ってしまう方が多いようです。

  また、女性従業員から本番行為を持ち掛けられるという事例もあります。客は本番しても大丈夫という言葉を真に受けて本番行為に及びます。しかし、事が終わった後に女性従業員が男性従業員を呼び出し、本番を強要されたと切々と訴えます。女性従業員からの訴えを受けたという形で、男性従業員は客に執拗に示談金の支払を迫ります。

  こういういかにも怪しげな業者に引っかかっている方は、大抵路上での客引きに誘導されています。

  しかし、路上で客引きをする業者は大体まともではありません。

  道路上での不当な客引き行為は東京都迷惑防止条例で禁止されています(同条例7条。「公共の場所」に道路が該当することについては同条例2条1項参照)。

路上でのつきまとうような客引きをしているという時点で、その業者には遵法精神がないと考えても良いと思います。

  したがって、この種の被害を防ぐためには、客引きに付いていかないことが何よりも重要になります。

  それでも被害に遭ってしまったら、その場で警察を呼ぶことです。当方に非がない場合、相手が何と言おうが警察を呼ぶことを躊躇う必要はありません。呼べば警察は大体駆けつけてくれます。警察が臨場している場面では非合法な業者といっても無茶はしません。この種の業者は警察や弁護士が介入しているケースなど踏み込むと摘発されてしまう可能性の高い事案にはあまり干渉してきません。別のカモに照準を合わせた方が効率的に収益を上げることに繋がるからではないかと思います。

この種の業者は責任者を突き止めること自体に困難を伴うことが多く、一旦お金を払ってしまうと取り戻すのは非常に困難になります。対応を弁護士に委ねても、付きまとってくる連中を追い払うことはできますが、お金の取り戻しとなると困難な例が多いように思われます。被害を防ぐには、何を差し置いてもお金を払わないことが重要です。

 一番目、二番目いずれの類型にしても、トラブルをお抱えの方は、お一人で悩まず、ぜひ一度相談にいらしてください。

 お悩みを和らげるお手伝いができると、嬉しく思います。

(弁護士 師子角 允彬)

« 性風俗の利用をめぐるトラブル(前編) | トップページ | 4月,5月,6月の神山ゼミ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 性風俗の利用をめぐるトラブル(後編):

« 性風俗の利用をめぐるトラブル(前編) | トップページ | 4月,5月,6月の神山ゼミ »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ