« 橋ケ谷弁護士、奈良に赴任 | トップページ | 東電OL事件(2) »

2012年6月 7日 (木)

東電OL事件

本日、東京高等裁判所において、当事務所の神山啓史弁護士が主任を務める東京電力OL殺人事件の再審開始決定が下されました。遅きに失した感はありますが、正しい決定が出たことを評価するともに、弁護団の長年にわたる尽力に心から敬意を表したいと思います。

併せて、証拠を隠した検察官の卑怯と、予断に眼を曇らせ、あまつさえ無罪判決後の勾留まで認めた裁判官の不明は厳しく批判したいです。

この冤罪事件は、本来、1審裁判所の無罪判決で終わっていたはずの事件でした。正義よりも面子と有罪の追求を優先し、重要な証拠を隠して、裁判をゲームの場にした検察はその体質を深く省みるべきです。

また、いやしくも一つの裁判体が無罪の判断をした判決を、弁護人に十分な反証の機会も与えずに、覆した高裁とそれを追認した最高裁はその傲慢と無能を深く反省すべきです。

神山弁護士は若い弁護士に話をするときに、最高裁の決定が常に正しいと思ってはならないと戒め、東電OL事件では最高裁が間違っていると言っていました。

若い法律家には、権威に目を眩まされることなく真実を追求する姿勢を持っていただきたいと思います。

(櫻井)

« 橋ケ谷弁護士、奈良に赴任 | トップページ | 東電OL事件(2) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東電OL事件:

« 橋ケ谷弁護士、奈良に赴任 | トップページ | 東電OL事件(2) »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ