« 死刑執行に異議あり | トップページ | 「検事失格」 »

2012年4月 2日 (月)

1.3%

 先般大宮ロースクール時代の教え子の女性弁護士から、被疑者弁護で勾留請求を却下させることに成功したという報告を受けました。本来勾留する必要のない人に対して検察官が勾留請求をしたので資料をそろえて裁判官を説得した結果でした。

 褒める私に対して彼女は謙遜していましたが、彼女は褒められるだけの仕事をしたのです。というのも、勾留請求が却下される例はまだまだ少ないからです。

 次に掲げる表は、最高裁判所が発行している司法統計年報という統計資料をまとめたものです。

                                                                                                                                                                                                                                                                                       
 

司法統計年報より

 
 

平成

 
 

全裁判所請求による発布

 
 

却下数

 
 

却下率(却下数×100/請求による発布数と却下数の和)

 
 

12

 
 

122354

 
 

549

 
 

0.446693734

 
 

13

 
 

128615

 
 

594

 
 

0.459720298

 
 

14

 
 

137649

 
 

581

 
 

0.420313969

 
 

15

 
 

148333

 
 

536

 
 

0.360048096

 
 

16

 
 

151204

 
 

749

 
 

0.492915573

 
 

17

 
 

151720

 
 

711

 
 

0.466440553

 
 

18

 
 

147095

 
 

1039

 
 

0.701391983

 
 

19

 
 

135864

 
 

1353

 
 

0.986029428

 
 

20

 
 

129269

 
 

1436

 
 

1.098657282

 
 

21

 
 

127792

 
 

1504

 
 

1.163222373

 
 

22

 
 

121634

 
 

1648

 
 

1.336772603

 
 

 

 
 

 

 
 

 

 
 

 

 
 

ある年の全裁判所に対してなされた勾留請求につき、勾留状を発布した件数と、却下した件数を拾い出し、却下数と双方の和との比を百分率で示した。厳密な意味での却下率とは言えないが、概要を理解するには十分であろう。20年には却下率が1%を超えている。

 

これによると、勾留請求の却下率は年々上がっているとはいえ、平成22年でも1.3%強にしか過ぎません。それに彼女がまだ駆け出しの弁護士2年生であることを考えればなおさら立派だというべきです。

最近は刑事弁護に熱心に取組む若い弁護士が増えてきました。将来が楽しみです。

(櫻井)

« 死刑執行に異議あり | トップページ | 「検事失格」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1.3%:

« 死刑執行に異議あり | トップページ | 「検事失格」 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ