« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月31日 (土)

自己紹介(鏑木信行)

はじめまして。弁護士の鏑木信行(かぶらぎのぶゆき)です。
早稲田大学法学部,上智大学法科大学院を卒業し,平成23年12月の弁護士登録とともに,当事務所に入所いたしました。
 
先日,地元の中学の同窓会兼忘年会に参加した時のことです。久しぶりに再会した旧友からこんな質問をされました。
 
「カブさんってさあ,この人絶対やってるっていう人でも弁護するの?」
 
実は,当事務所に入所した直接のきっかけは,絶対やってる人の裁判員裁判でした。
 
被告人の女性は,同棲相手の関心を引くために布団に火を付け,消防署員82名,消防団員21名が消火活動に従事する重大な火災を引き起こしました。傍聴席から法廷のスクリーンに映し出された丸焦げの部屋を見たとき,私は正直,ああ自分が隣の部屋に住んでいなくて良かったと思ってしまいました。
 
弁護人は,裁判員の方々に向かって,こう訴えました。
彼女が火を付けたことは争いません。これは許されないことです。
しかし,同棲相手の気を引きたいという一見短絡的な動機の背後には,彼女の抱える二つの問題が深く関与しています。
普通の人と同じように物事を感じることができないという人格障害の問題と,
長年精神病者のレッテルを貼られ,家族からも見放され,頼る人が誰もいないという環境の問題です。
犯した罪と向き合うためにも,二度と同じ事件を起こさないためにも,彼女には,治療と人間関係の再構築が必要です。直ちに刑務所に入れるだけでは,問題は解決しません。
裁判員の皆様には,彼女にとって本当にふさわしい刑は何なのかを,一緒にお考えいただきたいと思います。
 
裁判では,弁護人の主張に引き続き,責任をもって彼女を治療していきたいという受け入れ先病院の方の証言と,「自分が間違っていました。今からでも私が支えていきます。こんな被告人でも私の娘ですから。」という彼女のお父さんの証言がありました。
 
結果的としては,刑務所で罪を償わせるという判決がなされました。
それでも,彼女がただ何となく火を付けた人として裁かれたのではなく,心と環境に深い問題を抱えた人として裁かれたことに,意味があったと思いました。
 
この時の彼女の弁護人というのが,今一緒に桜丘法律事務所で働いている先輩の弁護士だったのです。
冒頭の質問に戻りますが,答えはもちろん「弁護します。」です。
ひとの人生の重大な局面に立ち会わせていただいているという自覚を持って,目の前の事件に真摯に向き合い,最善の結果が得られるよう努力し続ける所存です。どうぞよろしくお願いいたします。

(鏑木)

2011年12月28日 (水)

自己紹介(古宮靖子)

はじめまして。新人の古宮靖子(こみややすこ)です。

慶應義塾大学法科大学院修了後、1年間の司法修習を終えて、12月19日から桜丘法律事務所で弁護士として活動を開始しました。

今は、先輩弁護士と共同で法律相談を受けています。今後は刑事事件も受け持つ予定です。

私がどんな弁護士でありたいかというと…

「お客様のために汗水をたらす、楽をしようとしない、努力を惜しまない」…そういう弁護士です。私がこのような弁護士像を描くようになったのは、ある弁護士との出会いがあるからです。

法科大学院修了後、私は「弁護士の仕事を生で見たい!」と思い、お願いして、私の地元の千葉で活動しているM弁護士について回らせてもらったことがありました。

そのとき、私はM弁護士の依頼者の裁判に連れて行ってもらいましたが、M弁護士は千葉の中央から海にほど近い千葉の先っぽの方まで、1時間以上車を走らせて裁判所に出向き、車の中では依頼者にずっと話しかけて、裁判に臨む依頼者の恐怖や緊張を少しでも和らげようとしていました。

その依頼者はわけあって居場所を転々と変えていたので、その日の裁判を迎えるまでにも、M弁護士は千葉中(東京もまたにかけて)を車を走らせて奔走していたようでした。

もしM弁護士が少しでも楽をしようとしたり、手抜きをしようとする素振をみせていたならば、傷ついていたその依頼者は、M弁護士に心を開くことはなかったでしょうし、決して笑顔を取り戻すことはなかったでしょう。一生懸命弁護するM弁護士は依頼者の「伴走者」のように感じられました。

私も、「伴走者」を思わせるような弁護をしたい、そう強く感じました。今でもその思いは変わっていません。

私は、見た目は小さいかもしれませんが、大学時代に合気道サークルで身に付けた体力と根性には自信があります。お客様のために常に努力を惜しまず、精一杯弁護する決意です。どうぞよろしくお願いいたします。

(古宮)

2011年12月24日 (土)

櫻井光政弁護士の名を騙る詐欺にご注意ください

 L&Gの被害救済をする弁護団と称して被害者に対して無差別にFAXを送っている詐欺集団がいることが被害者からの通報でわかりました。情報によるとその弁護団の弁護士の中には「櫻井光政」も含まれているとのことです。しかしあいにく櫻井光政弁護士はL&G弁護団には加入していません。L&G被害救済に関して櫻井光政弁護士の名前があったらそれは詐欺ですから絶対に騙されないでください。

L&G被害救済に関しては、L&G被害対策弁護団が実在し、活動していますので、下記にアドレスを添付します。
http://www.ab.auone-net.jp/~lg-higai/

 なお、弁護士の名を騙る詐欺はしばしば見られます。多くは弁護士からいきなり手紙やFAXが届きます。疑わしいときはその弁護士の電話番号を日弁連のホームページで確認して、その番号に電話して直接弁護士に確認して下さい。日弁連ホームページの弁護士検索のアドレスは下記のとおりです。
http://www.nichibenren.or.jp/bar_search/
 
(櫻井)

2011年12月19日 (月)

弁護士コラム 新人弁護士入所

12月19日から2名の新人弁護士が加わりました。

鏑木信行弁護士と古宮靖子弁護士です。2人とも、若く有能で熱いハートを持つ働き者の弁護士です。

従来のメンバー同様、どうぞよろしくお願いします。プロフィールも近々掲載予定です。

(櫻井)

2011年12月11日 (日)

教育委員の任期を終えました

 

12月10日をもって2期8年間勤めた大田区教育委員の任期を終えました。この8年間、保護者の視点と弁護士の視点を持っていることが自分の特色だと考えていろいろな意見を述べてきました。また、現場の先生方を応援したいという姿勢で仕事をしてきました。どんな児童・生徒もどんな親も受け入れなければならない公立学校の教師の仕事は大変な仕事ですが、さりとて研鑽や努力を怠ってもらっては困ります。励まし、応援して、良い仕事をしてもらいたいという気持ちでした。

 大したことができたわけではありませんが、自分なりに出来ることをしてきたと思っています。また、8年間の経験を通じて、多くの方が地域の教育にご協力くださっていることが分かりました。私自身、大変お世話になりました。心から御礼申し上げます。

(櫻井)

2011年12月 8日 (木)

社外取締役

 

法制審議会は7日の会社法制部会で会社法改正の中間試案をまとめました。そこでは大企業に社外取締役の起用を義務付けたり、社外取締役が過半数を占める「監査・監督委員会」の創設なども盛り込まれたそうです。

 オリンパスや大王製紙の不祥事を見るにつけ、外部からのチェックの重要性を感じますが、経済界には「経営の自由度が損なわれる」という反対論も根強くあるようです。しかし、チェックを受けると損なわれるとような自由はそもそも尊重に値すべきか疑問です。少なくとも株主や第三者の利益に優先させるべきことではないでしょう。それよりも大切なことは、きちんと役割を果たせる社外取締役をどれだけ確保できるかということです。弁護士はその有力な候補とされる職能ですが、当然のことながら、弁護士なら誰でも良いということにはならないでしょう。

 経営に理解がありながらなおかつこれをきちんとチェックできる人材が求められています。

(櫻井)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ