« 「補償」と「賠償」 | トップページ | シルバー大学院 »

2011年10月 7日 (金)

採用したい弁護士

 桜丘法律事務所の採用案内には、毎年、権威に媚びず、ビジネスと人権擁護を両立できる人を採用したいと記載しています。ところがそれでもなお「どんな人を採用したいか」と聞かれることがあります。このような質問をされることは、採用側としては心外なのですが、一応回答を試みてみます。

 質問の趣旨は2つに分かれるようです。1は、もっと具体的に説明してほしいというもの、2は、そのほかの要件を聞きたい(他に本音があるのではないか)というものです。

 前者については、実は「何が求められているのか」から考えてほしいのです。自分なりにこういうことではないか、と考えて、自分にそのような資質や心構えがあるか、というところを考えて欲しいわけです。なので、具体的にどのような態度を取れば、あるいはどのようなことをすればそういう人だと評価してもらえるのかという問いは、採用側の問いかけに対して答えを教えろと言っているようなものなのです。

 後者については、他の事務所と同様だと思います。有能で勤勉で、誠実で謙虚で、協調性があって、体力のある人が良いです。特に書かないのはあまりにも当たり前だと思うからです。なので、当たり前のことを聞かれると困惑してしまいます。

 桜丘法律事務所では新人に対しても「バッヂを付けたら一人前」という気持ちで働くことを求めます。ですから、「何も分かりませんが、一生懸命やりますのでいろいろ教えて下さい。」というような新人は採用しません。本人には悪気はなく、謙虚な気持ちで言っているのでしょうが、おそらく他の多くの事務所でも、そのような姿勢は評価されないと思いますので、気をつけた方が良いかもしれません。とはいえ、はったりや知ったかぶりは駄目ですよ。

(櫻井)

« 「補償」と「賠償」 | トップページ | シルバー大学院 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2185941/61432271

この記事へのトラックバック一覧です: 採用したい弁護士:

« 「補償」と「賠償」 | トップページ | シルバー大学院 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ