« 2011年4月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月18日 (土)

離婚調停もやっぱり弁護士

私が勤務する大宮法科大学院大学では週に3日無料法律相談を実施しています。様々な相談を受けますが、特に離婚の相談を多く受けます。当事者間で話をするのが難しそうなときはなるべく早く離婚調停を申し立てることを勧めています。当事者同士で話したり、親族を巻き込んだりしても、進展のないままに関係が悪化する場合が多いからです。結局最終的に裁判所を利用するなら、早く調停を申し立てた方が結果的には早く済みます。急げば回れですね。

 さてこの調停、家庭裁判所に行けば素人でも出来るように書式が整えられています。とはいえ、実際の調停期日に自分の主張をうまく述べるのは誰でも簡単にできることではありません。無理をせずに弁護士に依頼されることをお勧めします。1回1回の時間が長くかかる離婚調停は引き受けたがらない弁護士も少なくありませんが、私たちの事務所は積極的に受任、サポートしています。弁護士費用が払えない方のためには「法テラス」を利用して受任しますので、お気軽にご相談下さい。

(櫻井)

2011年6月 9日 (木)

振り込め詐欺、ついに簡易裁判所の支払い督促を偽造

東京簡易裁判所の名を騙って「支払督促」を送りつける詐欺が登場しました。圧着はがきに支払督促様の文書が印刷されているもので、立派な公文書偽造です。わざわざ「督促和解申立を行う場合は債務者から債権者へ一方(一報のつもりらしい)をいれてその意思をお伝え下さい」などと書いてあります。
せっかくだから一報の宛先を公開します。

株式会社 山樹商事
代表取締役 里見慶多
電話番号 03-3242-6294
F A X 03-3242-6295

です。興味のある方は「一方」なさってみて下さい。

なお、この偽造支払督促については既に警察に情報提供済で、東京簡易裁判所のホームページにも掲載されています。

(櫻井)

2011年6月 6日 (月)

またしても出会い系ネット詐欺

 本日またしても出会い系ネット詐欺の事件を受任しました。出会い系と言っても、被害者(Aさん)は進んで出会い系サイトに登録したわけではありません。フェイスブックを利用していたら、あるとき突然メールが来るようになりました。最初に来たメールは有名なアーチスト(Bさん)のマネージャーだということでした。そのうち「Bさん」(もちろんサクラですが、Aさんは気付きませんでした)からもメールが来るようになりました。他愛のないメールを受け取って、返信するだけで500円かかります。2か月後にAさんが騙されていることに気付いたときには既に数百万円も使わされていました。

これから会社と代表者を相手に裁判です。下記に詐欺会社の詳細を晒しますので、皆さんは引っかからないようにして下さいね。

詐欺会社のサイト名は エルフ
URLは http://pc.eex1td.net/
運営会社は 株式会社インフィニティ
運営責任者 白井圭吾
振込先とされている会社は
株式会社オーエスピー
株式会社ドリームスペース
株式会社コムシス

(櫻井)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年7月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ