« 訴追も国民目線~検察審査会~ | トップページ | 最高裁ガチンコ対決 »

2010年5月 6日 (木)

詐欺商法

櫻井です。

悪質な詐欺商法が後を絶ちません。先般も電話で相談を受けました。何でも競馬必勝法という情報があるそうです。その競馬必勝法が高い値で売れるということで、ある会社が「必勝法」の販売店を募っているのだそうです。そして、その販売店になるためには会社に70万円ほど支払って販売権を購入しなければならないのだそうです。相談者は、セールストークに負けて販売権の購入契約書にサインをしてしまったが撤回したいがペナルティは発生しないかと心配していました。

賢明な方にはこの商法が極めて悪質な詐欺であることがおわかりでしょう。その理由は次の通りです。

① そもそも競馬に「必勝法」はありません。偶然が支配するから賭が成立するのであって、必ず勝てるルールはありません。ときどき「的中」ということを聞きますが、事実だとしても、いくつもの予想の中でたまたま「的中」があるのも偶然のたまものに過ぎません。ですから、「必勝法」を法外な値段-多くは20万から30万円以上-で売りつけること自体が詐欺的な商法です。

② さらにこの商法のうまいところは販売店をカモにしているところです。騙されるのは最終的な消費者だけでなく、手っ取り早く金になるビジネスを起こしたいと思っている販売店志望の者をもカモにしている点です。インチキ商品の売り手を募集して販売権名目で70万円もの金を巻き上げるのですから、これも詐欺です。

③ 極めつけは、騙されたかも知れないと思って翻意しても、違約金名目で金を脅し取る用意までされているところです。70万円を騙し取られそうになって直前に気づいた販売店志望者は、違約金として20万円請求されたときに、「これで済んだだけでも幸いだ」という気分になって応じてしまうことが多いようです。

 詐欺集団はさまざまな手段であなたを狙っています。投資、起業、資格取得、内職など、その種類も多様です。どうか、見知らぬ相手からの勧誘には慎重に対応して下さい。また、詐欺師は即決を迫るのが手です。熟慮されてぼろが出る前に金を騙し取ってしまいたいのです。ですから、急かされたときは毅然と断るようにして下さい。見知らぬ人から急なチャンスが飛び込んでくることはありません。 

« 訴追も国民目線~検察審査会~ | トップページ | 最高裁ガチンコ対決 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 詐欺商法:

« 訴追も国民目線~検察審査会~ | トップページ | 最高裁ガチンコ対決 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ